鎮魂

今日は原爆投下日。毎年忘れられない日。 毎年高校野球や国会でも黙祷がありますが、今年はウィルスの影響で例年とは風景が少し異なる。 人間が作り出した核兵器、そして人間が未だ治療方法が明確にできない新型のウィルス。

人生100年と言われるが、その間に歴史的な大きな出来事が、あとどのくらいあるのだろうか。

 

過去を振り返るのは、未来をより良く生きるために必要なこと。 

犠牲者を想うことは、そこから学び取り、この先どうするべきか一人一人が考えることでもある。

 

以前死体の解剖をする医師の書籍を夢中になって読んでいた時期がある。 単なる死ではなく、死は語るのだということを。

死人に口無しと言われるが、そうとは限らない、そうでは無いことを教えてくれた。

 

=鎮魂=