講座&ワークショップ insapporo
2018/10/30

先週土曜日は、札幌にて講座&ワークショップの日でした。
今回もペアになってヒプノセラピーの誘導のポイントなど伝えながら進めていきました。

ヒプノセラピーの良いところは、いろんな体験をし、いろんな感情を味わえることです。
生きずらさや、焦燥感、理由のわからない、もやっとしているもの。
それらがどこから来るのか?を、今まで頭の中でずっと考えていたのを、ヒプノセラピーを知ったことで実際体験をする。

そうすると、一人一人のドラマがあることに気付きます。誰とて、誰かと同じ原因や理由であることは無い。
ということは、人にわかってもらおうとする労力や、人との違いで、悶々とする必要はなく、セラピーで自己との対話を通して、自分で自分を解放していく。これがいちばんです。

自分で出てきた答えなり、気付きなり、体験がいちばんです。

わかってほしい。という他者の同意や共感なりのセンチメンタルな部分を捨て、自分が一番の理解者になっている。
そうすると結果、わかってほしいとねだるより、わかってくれる人が必ずどこかちゃんといるという現実に向けられるようになる。

もしくは過去生などを通して、自分自身がいろんな体験を通して、加害者であったり、被害者であったりなどと、いろんな立場があったことに気付き解放をしていくと、一つの何かにこだわる。ということも少なくなっていく。

こだわりは、塊でもある。良い面もあれば、それが自分を苦しめることもある。

ヒプノセラピーの体験を通して、生徒さんがいろんな感情を解放して、どんどん今の現実生活に生かしていき(というより、それが本来のヒプノセラピーの役割)、何らかの生きずらさ、塊みたいなものから自由になるよう。

そして今回も生徒さんが、自身のヒプノセラピーの体験を通して、みんなでシエアして笑い楽しく今回も終えた講座でした。 

やはり解放は楽しい。 気持ちが良いですからね。 みなさん笑顔^^

=後半はワークショップ=
ヨガをして気持ちよく皆さん最後はお休み。

今回も皆さん、たくさんのことをセラピーの体験から一人一人が気付きが多く素晴らしかったです☆
来月も一緒にやっていきましょう〜。よろしくお願い致します☆


講座&ワークショップ in Tokyo
2018/10/14

本日日曜日は、都内で講座&ワークショップの日でした。
軽い瞑想の後、最初に生徒さんから、この1ヶ月後の変化を毎回聞く。

授業やヒプノセラピー体験の前に、まず生徒さんに話をしてもらう。
そうしていくと、話をしている最中にいろんな感情が出てくることもありますし、何気ない言葉が、その後のヒプノセラピーの解放のヒントに大きく関わってくることが多々あります。

子育てをしているお母さんは、日々大変です。 自分の思い通りにならないことがほとんど。
仕事をしている人は、同じく自分の思い通りに進まないことでイライラが募ったり、罪悪感や自己否定にもなる。

話をしていると、最初は表面的なこと。しかしその表面的なことを解決するのがヒプノセラピーでやることとはリンクしないことが多々あります。

人によっては、日々に肉体の疲れを訴えていても、実際ヒプノセラピーに入ると魂自身の飢え、震え、ヒーリングが必要なことがある。 
もっと、もっと、も〜っと深いところからセラピーをして解放すると、表面的なことの悩みはどうでも良くなって、むしろ、深いところの癒しが必要だったことに本人が自身の体験を通して気付く。

ヒプノセラピーの素晴らしいところは、自分で自分を癒すこと。
これに尽きるのです。

ヒプノセラピストの私は、本人の癖、パターンに陥りやすいところを、修正したり、別の角度から見てみるよう誘導したり、感情の解放を深めてもらったり、本人が気付いていないところを誘導することで本当の問題に気づく、体験してもらったりなど、、、。 いろいろ、たくさんあります。

でもその全ては、本人が自分で自分を解放できた喜びを体験すること。そうなるようにするために私がいるだけ。

またやっちゃった。という自分のパターンに気付くことができても、気付いただけでは、更にしてしまったことの自己否定を繰り返す方もいらっしゃいます。
ヒプノセラピーはそれを脇に置いて、やるべきことをする。それをヒプノセラピストの私が誘導で導くだけ。 
そうすると本人の潜在的なパワーが出てきて、癒す力ってあるということを本人が体験で理解すると自信が湧きます。
それが結果的に抱えているパターンを打開することに自然となってくるんですね。

別に問題を解決することがヒプノセラピーだけじゃなく、自分の可能性を知りたい。そんなヒプノセラピーもあります。

今日も生徒さんは、スッキリした〜と、ずっと抱えていたモノがわかり、渇望していたものがわかり、私も一緒に共有できて嬉しかったです^^

悩むより体験です。


講座&ワークショップ in sapporo
2018/10/01

先週土曜日は、札幌にて講座&ワークショップの日でした。

今回もカウンセリング&ペアになってのヒプノセラピーの誘導をしてもらいました。
相手にとって必要な場面にただ戻ればいい。というわけでなく、最終的にどうなると本人の気付きや解放が生まれるのかという意識を持ってカウンセリング&誘導することが大事です。 そうすると誘導の仕方、場面が変わってくるでしょう。
本人が意識できていないことを、誘導する側はセラピーを使って、気づきを促します。

本人が意識できていないから、毎回同じことを繰り返したり、感情が解放できずに苦しんだりしています。
誘導する側は、常にカウンセリングで話を聞く中で、本人の特徴が出てきますから、それが出てくるのを待ったり、質問などをして引き出します。 そしてその偏りや傾向、疑問などを知り、実際のセラピーで役立てます。
本人がまさかこんな場面が出てくるとは、、、とか、自分ではこうだと思っていたけれども実際は違うんですね、、、とか、矛盾含めて本人がいつもの自分では意識できなかったことを引き出すのが誘導する側には大事です。

生徒さんには、こういう場合は、どのように誘導しますか? どのように誘導したらいいと思いますか?と色んな誘導方法がある中で、どの選択をしたら誘導される側が満足できるのかを考えてもらい、お話ししてもらいました。

そのためにも、曖昧にしないこと。 これがヒプノセラピーには大事な一つでもあります。

来月も講座&ワークショップです。
自分自身の解放を行い、そしてヒプノセラピーの醍醐味を知ったら、ペアになったときにはそれが生かされます。
来月も一緒に学んでいきましょう☆


講座&ワークショップ 東京&札幌
2018/09/03

今回はまとめて、8月末の札幌での講座様子を、9月初めの東京での講座の様子をまとめました。

=札幌での講座では=
生徒の皆さんは、一番最初に軽い瞑想を皆さんでした後に、シエアリングがあります。
前回のセラピー講座から1ヶ月の間の変化などを簡単にお話ししてもらいます。

ヒプノセラピーで体験したことは、解放が大きければ、、また本人が日常生活で本当に困っていたことをセラピーでちゃんと向き合ってやっていれば、実生活で驚くほど良い変化があります。
周りが変化します!  これが皆さん不思議に思うもので、シエアリングでも、あのセラピーの後、急に物事が動き出し、抱えている問題の解決が進んでいく、、とか、苦しかった胸が今はもう大丈夫とか、苦手だった上司が急に異動になったとか、、そういう良い変化やケースはよくある事で、とても自然な事なのです。

そういった変化を、自分自身のセラピーの体験から感じ取ると、やはり自分自身が変わることが一番だ。ということが体験で理解できます。

あの人がいなかったら、、、あの人が断ってくれたら、、、もっとこうしてくれたら、、、そういう他者ベースや依存で考えるのではなく、自分だったらどうするのか。という自分を主体に持っていくことが大事です。

気付きは促されるのではなく、他者を通してでも自分自身に気付くことが変化になる上で大事なことです。

よってヒプノセラピーというのは常に自分自身の体験をすることで、そこに気づきがあるのですから、素晴らしいセラピーだと、もう20年近くこの仕事をしていますが毎回思うのです。

今回も生徒の皆さんはそれぞれのヒプノセラピーの体験をされていましたね♪

=東京では=
数日前から悪夢を見ていた生徒さん。 講座が近くなると急に印象的な感情的な夢を見ることが出てきます。
これもヒプノセラピーにとって大事なヒントになることです。 ヒプノセラピーを体験する日が近くなると、そういったことが良くあります。良い兆候です。 本人の無意識の領域で、早くこの問題から解放されたい。という欲求が本人が意識の上で自覚されていなくてもサインで夢となって教えてくれるものです。

よって講座当日は、その夢に従ってやっていくとスムーズに行きます。
今回は夢では怖かったで終わり、実際朝目覚めた後、何があったのかは覚えていなかったようですが、実際セラピーに入ると、戦争体験が出てきました。防空壕に入っている様子や飢餓状態の自分を感じていたり、、、。
そこから今現在の自分自身とのつながりを感じて、セラピーを終えた後は、すっかり元気になっていました(笑)。
なぜ今まで自分は閉所や戦争が怖かったのかなども理解したようで、いろいろなことが繋がって、とってもスッキリ良い表情です☆

一人一人の体験は皆違います。 そしてたとえ同じ環境にいたとしても感じ方も人それぞれ異なります。
ヒプノセラピーの体験を通して、自分自身がその時、どう感じたのか。という、主体的に自分自身を感じていき、どうしたいのか、本当はどうすればよかったのか、今後どう活かしていけばいいのか、、、、そういった流れ含めてセラピーの体験で理解できてくるところに、日常生活でもセラピーの体験から生かしていけることが実にた〜くさんあるということ。

私は20年近くこの仕事をしていて、皆さんからのヒプノセラピー体験談数はめちゃくちゃ多いです。
まだまだ怖がっている人には、講座やワークショップなどを通して体験した人の話を聞いてみたらいいでしょう。

しかし体験するのがいちばんです。 副作用は無いのですから何も怖がる必要はありません。


講座&ワークショップ in sapporo
2018/08/03

先週土曜日は、札幌にて講座&ワークショップでした。

今回の授業は、ハイアーセルフです。
ハイアーセルフの言い方は色々です。セラピーでは特に重要視していません。
言い方も、姿、形も重要ではありません。 セラピーで大事なことは、その存在がハイアーセルフであるかどうかです。

ハイアーセルフの存在は、本当は誰でもいつでもいるのです。自分の一部なのですから。
しかし、存在が薄いと感じることもあります。 そういう時こそセラピーで、ハイアーセルフとの繋がりを感じると、実生活で再び自己肯定感が芽生えますし、色々なことがスムーズに流れていく、感じられるようになると思います。
もちろんハイセールフに出会い、良い意味で厳しいアドバイスされることもあるかもしれません。
しかしいずれにせよ、ハイアーセルフとのあたたかいエネルギーの繋がりは、自分を客観視する上でも、素晴らしいセッションとなります。

時に本当にハイアーセルフはいるのかな? 今日はセラピーで出会えないような気がする。などと自身の心の声が出てくることがあります。迷いグセや、その時に何か別の問題があったりすると、その傾向が表れてきますね。

また、あまりにも否定癖や、本人自身がいつも疑ってしまう傾向の方などは、まだハイアーセルフのセッションの段階ではありませんので、別のセラピーをしたほうがいい理由なども、授業では話をしています。

今回も、生徒さん同士ペアになって誘導してもらいました。そしてシエアリング。
皆さん色々な気付きがありましたね!
実際にハイアーセルフからのアドバイスを、実生活に生かして行動を起こしていくと、本当に変わっていきますね!
生徒さん同士のやり取りでの講座の良いところは、そうやって、人の変化を実際に見ることが出来る。というのも大きいと思います。
自分は他人に。他人は自分に良い影響を与えているということ。気付き含めて、そうですね。

今回も皆さんと有意義な時間を共有できました☆

=後半はワークショップ=
ヨガをして、皆さんお疲れモードでしたので、早めに誘導瞑想に入り、ゆっくりと。

講座を通して、一人一人が自分でも気付かなかった何かが出てきて、セラピーで解放し気付き、変化を起こし、、、笑顔になっていく。
それを一人一人が、自分の力でやっている、、、。これがすごいことだと毎回思うのです。
自分でやっているから実感が湧いてくるし、それによって自信持てるようになったり、自分を信じられるようになる。
その積み重ねが、のちに大きな結果になってくるのだと。

今回も皆さんのおかげで、楽しく無事に仕事を終えることができたことに感謝です。いつもありがとうございます☆

今月もお待ちしております♪


講座&ワークショップ inTokyo
2018/07/12

先週は講座&ワークショップの日でした。

ヒプノセラピーの素晴らしいところは、本人が覚えていない記憶を思い出していけるとういことです。
幼少の頃、自分が深く傷ついた出来事など、こんなことがあった。ということが忘れていることが多いものです。
断片的であったり、すっぽり記憶が抜かれていることも。

ヒプノセラピーは再体験することによって、その時の感情や状況を思い出し、解放していく、、、。

「気付き」を得る。ということも、セラピーの良さです。

終わった後はスッキリ!! この解放した後の本人のスッキリ感があるからこそ、一皮抜けて成長できるのです。

もやもやっとしたところや、スッキリしないことをいつまでも引きずらず、軽やかに進んでいく、、、。

セッション訪れる方や講座の生徒さんは、セラピーを自分のものにして、日常生活にうまく活かして、スムーズに流れ出していく感覚を知っているなと思います。

私はただただ、誘導係です。
本人が自分で自分を解放、癒していけるところにヒプノセラピーの醍醐味、素晴らしさがあります!!
私はこれに尽きる。と思っています。だからこそヒプノセラピーを今日まで続けてこられ、生徒さんと分かち合えたのだと思います。私自身が忘れてはいけないことです。

今回も生徒さんが自分自身の内側に気付き、認め、そしてそれが一番パワフルであることに本人が気が付いた素晴らしい体験だったと思います☆


講座&ワークショップ inSapporo
2018/07/03

先週土曜日は、札幌で講座&ワークショップの日でした。
東京は連日暑い日が続いておりましたが、札幌はなんて涼しいのでしょう〜^^
やはり東京は暑さだけでなく、湿気も大きく暑さに影響してきますね。

そんな札幌では今回のテーマは「怒り」でした。

怒りそのものは良いも悪いもないのですが、出し方を間違えると大変なことになりますね。人間関係にも影響があります。
その例を授業でお話ししましたが、生徒の皆様は納得しており、自分の過去の経験をそれぞれ思い出していました(笑)。

そして怒りからは何も生まれないということ。原動力になる。という人もいますが私個人の経験からはなりません。
むしろ怒りは怒りを生む連鎖のループにハマるだけのような気がします。
その例をお伝えしながら、過去を含めた怒りの感情をどう手放すのか、どう受け止めるのか、といったところを授業で理解し、ヒプノセラピーの体験で、実際に解放してもらい、スッキリしてもらえるよう進めていきました。

自分の感情を受け止めるのに、一番安全で一番効果があり、一番スッキリするのは、他人を介してではなく、自分で自分の声を聴くことが大事です。
ヒプノセラピーはまさにそれが得意な分野です☆ 100%受け止めてくれるのは自分だということ。

自分の怒りの声に気付いてあげられれば、もうそれは怒りでは無くなっていく、、、、。自然と解放されていくもの。
そう持って行けるように、セラピスト側は誘導をしていくことが大事ですね。

今回もペアになって、互いの誘導をし合い、生徒の皆さんはとってもスッキリな表情をされておりました♪
この満足感、充足感、解放感があるからセラピーって楽しいんですよね。

自分の感情に気付くこと。 それがもう解放になっていくということも今回は気付けたのではないでしょうか。

=後半はワークショプ=
中医学の話をしました。生徒さんはドクターや看護師さんがいらっしゃいますが、やはり西洋医学で習ったことと多少異なるようですね。そしてその続きで、少しは身体を動かした方が良いと陰ヨガをベースにと思いましたが、生徒さんの身体の様子から、少しハタヨガベースを取り入れながら、最後は横になり、休息です。

今回も皆さん、それぞれの課題に取り組み、解放し、最後はスッキリ!!

手放すことの解放感を今回も味わって頂けた講座&ワークショップでした。
一人一人やはり自分で自分を解放する力を持っているということ。これが一番大事なことです。

来月も自分のための自分の解放をしてスッキリしていきましょう。 お待ちしております☆ 


講座&ワークショップ inTokyo
2018/06/05

先週末は都内で講座&ワークショップの日でした。

今回は「寝てみる夢の続き」がテーマでした。

夢は潜在意識、無意識からのメッセージです。 

ただ、目覚めた時に断片的にしか思い出せなかったり、途中で朝目覚めてその途中を見ることができない。というのがネックでもあります。

寝て見る夢の話を生徒さんから伺うと、純粋にそれをテーマにしましょう!となり、誘導に入りました。

過去世が出てきました。徐々に誘導が深まっていくごとに気付きも深くなり解放も深くなります。

実際上私たちが夜になり眠っている間に出てくる夢が過去世なのか何なのかはわかりません。

しかしヒプノセラピーをするとわかってくるのです! よりリアルに!
何時代で、自分はどんなことをしているのか、身体はどんな感じかが鮮明にわかってくるのです。

人によってはセラピー中、震え出したり、叫んだり、身体が暑くなったり冷えたりと、その場面で何が起きているのかをリアルに体験していきます。

もちろんそれが苦手な方は、客観的に見るようにすることも可能です。

今回は過去の歴史的な出来事を生徒さんは思い出されました。

そして何より大事なことは、なぜその場面を思い出す必要があったのかということ。

寝て見る夢の続きは、解放準備が整っています。その続きをそのままヒプノセラピーで行えばスムーズにいくことが多いです。
よって現在の本人に、この過去世(場面)がどう影響しているのか?をセラピーで気付き、解放していきます。

必ず今現在の本人とリンクしているからこそ、セラピー後はとてもスッキリします。 

寝て見る夢というのは、今現在の自分に向けてのメッセージなのです。今現在の自分にヒントを与えてくれています。

ただしよくある夢占いで、それを意味付けしようと頭で考えて調べると、当てはまらないことが多々というより、ほとんどです。
やはり一人一人個性が違うように、夢も異なります。
キーワードを夢占いで探し、それはこういう意味ですよ。と夢占いの本で書かれてあっても、ほぼ当てはまらない。

要は一般的な解釈では及ばないということ。

ヒプノセラピーはそのことに、改めて気付く。というのがセラピーを体験されたことのある方はご存知だと思います^^
どうぞ自分のセラピーをしてみてください。

自分の中に全て答えがありますから。

=後半はワークショップ=
陰陽五行の食べ物の色の話もしました。そして上半身が凝っているとういうことで、自宅でもできるようなヨガのケアをして終えました。
魂(セラピー)と身体のケア行い、あっという間の時間でした。

生徒さんの今の状態やリクエストや要望を聞くと、これを次回はやってみたらどうだろうか。というアイデアが次々と出てきます^^。

さて今月末は札幌で講座&ワークショップです。気になる夢を見たらノートに書き留めておいてください。
きっと講座の際の誘導で役に立つでしょう。 
もちろん個人セッションの予約をされておられる方も、セッション日が決まってからセラピーは始まっています。
気になることはノートに書き留めておいて、カウンセリングの際にお話ししてくださいね。
大した問題ではない。というものに限って実はセラピーをする上で大事なヒントが隠されていることがありますから。


お待ちしております☆


講座&ワークショップ inSapporo
2018/05/14

先週土曜日は、札幌にて講座&ワークショップでした。
清々しい気候で5月の札幌は気持ちが良いです。

今回の講座のテーマは、「評価」についてです。 他人の評価が気になる、相手や上司がどう思っているのか気になるなど。
ヒプノセラピーではサブパーソナリティの部分とインナーチャイルドの部分の解放、ケアが適切なことが多いですね。
そのことについてのカラクリと授業をしていきました。

ありのままを見るとは、ジャッジしない。ということです。 しかし他人の評価を気にすることはあっても、いざインナーチャイルドのセラピーをしてみると、もっとこういう風に癒さなければとか、どうしてインナーチャイルドはひねくれているのだろうか?とか、色々とジャッジしていて、自分の一部であるインナーチャイルドやサブパーソナリティを批判、否定しているのです。
まさにそれこそがセラピーなのだということに気づくことが大事です。

他人の評価が気になる前には、自分が自分の一部を評価し、もっとこうしたらいいのに、、、などと理想どおりにならないことへの苛立ちや、自分の希望通りに持っていこうとすることが出てきます。

こういうことに気づいて、ありのままを見ていく作業をするのもセラピーの大事なところです。
生徒の皆さんは、たくさん今回のセラピーで気付きが得たのではないでしょうか。

いろんな感情があって良いのです。

=後半はワークショップ=
前半の講座への続きとなりましたが、途中からヨガ へと入りました。
今回は陰ヨガではなく、ハタヨガベースのヨガで、肩甲骨の辺りをよく動かしてもらい、また腕の付け根だと思っている皆さんの場所ではなく、本来の腕の付け根はここですよ〜という話をしながら、解剖学的な話と、実際に身体を動かしてもらい、その違いを感じてもらいました。
そうするとその違いに生徒の皆さんは、と〜っても納得! 最後は軽い誘導瞑想で終えました。

来月の講座&ワークショップも、いっぱいの気付きが皆さんの中にありますように、一緒にやっていきましょう☆


講座&ワークショップ inTokyo
2018/05/07

GW中の祝日2日間は、都内で講座やワークショップを行いました。

今回はサブパーソナリティ(もう一人の自分)も含めての授業をお話ししました。

これは癖などに役立ちますね。 止めたいのにに止められない。
対象となるものに対しての依存傾向にある場合に、ヒプノセラピーではサブパーソナリティを持ってくることがあります。

あとは人間関係などにもできます。相手の気持ちを確かめるために様々なトラブルや喧嘩をあえてしてしまう傾向のある人など(苦笑)。

大人の顔をする自分と、本心とのギャップの開きが大きい場合にもできます。

ひねくれる傾向のある人や、斜に構えて物事を考えてしまうなんて人もやってみるといいですね(笑)。

そこに良い悪いはつけずに、ありのままを見る。難しいですがこれが基本で大事なことです。

他人を意識し過ぎて他人と同調してしまうのも、他人とは違うことをあえてすることに力を注いでいるのも、どちらも同じなんですね(苦笑)。 他人という自分とは別の存在を意識していることは同じで、それに影響を受けているのですね。

やるべきことは自分の面倒を見てあげること。
主体的になって自分のやるべきことをやることを継続していけばそれが自信になっていくかもしれません。

サブパーソナリティは自分の中にある滞っている、ある部分を見ることに役立ちます。
ぜひ上記のような傾向を持っていると思われる方は、ヒプノセラピーでサブパーソナリティと出会ってみてくださいね☆


公開チャネリング inAsahikawa
2018/04/20

今週日曜日は、旭川市大雪クリスタルホールで公開チャネリングがありました。

お集まりくださいました皆様、ありがとうございます(感謝☆)

初めての方、リピータの方、遠方からはるばる今回もいらしてくださった方々など、午前中にも関わらず、この日のために足を運んでくださり、とても感謝致しております。 ありがとうございます。

今回のテーマは「親子関係」でした。 いつも看護師の主催者さんがテーマを決めてくださっております。

実際のチャネリングでは、親子関係の前に、兄弟関係がテーマだったようですね。それが親子関係に繋がっていくのでしょう。
チャネリング後は、皆さんが良い笑顔をされており、その後のシエアリングで皆さんが色々とお話してくださって今回も無事に楽しく終えられてホッとしております(笑)。

mearie(=メアリー)と皆さんとの交流を、それぞれに楽しんで頂けたようで、良かったです^^

自分の発言が他の方に、そして他の方の発言が自分の気づきになるのは、公開チャネリングの良さだと思います♪
そして何より自分では気づくことができなかったことが気づけるようになったり、発見できたりするのは、やはりmearie(=メアリー)との交流の中で出てくるものであり、面白いものですよね。

主催者さんがお話しされていましたが、どんなに重い話でも、必ず軽くなっていくのがmearie(=メアリー)だと言っていましたが、やはり人間である私も、相手に同調するとそんな空気になりがちです。
でもそこはmearie(=メアリー)です。
具体的にどうすればいいのか、、最後は必ず軽くさせていく力に変換させているようで、ほんとすごいな〜と思います。
チャネリングで得た気づきを実際トライしてみてくださいね♪

すでに主催者さんは、親子関係を第二弾として行なうようですよ^^ お楽しみに♪

ぜひまたmearieに会いにいらしてくださいね。お待ちしております☆

私自身も皆さんの温かいエネルギーのおかげで、毎回いつも楽しい場の空気に触れることができ、とっても感謝致しております。 ありがとうございます。 一人一人の皆様のおかげで、この場が出来るのです。

今後も引き続き、どうぞよろしくお願い致します☆


講座&ワークショップ inSapporo
2018/04/01

先週日曜日は、講座&ワークショップ(公開チャネリング)でした。
1年間、札幌での毎月の講座参加頂きました生徒の皆様、ありがとうございます(感謝☆)

私自身も毎月の札幌の講座で、どんどんと生徒さんの一人一人が色んな感情を解放していく姿を見て、いつもヒプノセラピーの素晴らしさ、力を感じます。
やはり毎回のセラピーで、生徒の皆さんがヒプノセラピーの結果を出しているからなんだと思います。

なんとなく、、、という曖昧なものではなく、セラピー後の感じられる実感や気付き、解放がちゃんとあることが大事だなと思います。

これは1回より2回、3回と、、、、回を重ねるごとにその実感が感じられます。
無意識の領域を扱うヒプノセラピーは、徐々にセラピーが深くなっていきますから、それに応じて実感、解放がわかりやすくなります。

講座は内面の深いところが自然と刺激されていきますし、何といってもヒプノセラピーの授業があります。
この授業をセラピーの体験前にすることで、よりヒプノセラピーの体験が深まります。
毎月という定期的な講座であることも大きいですね。それらを含めて、どんどんと自身の内側から、講座始まる前からセラピーの準備が始まり、講座本番当日は解放、そして日常へ戻った時のセラピー後の生活への気づきや変化、、、という一連の繰り返しの中で、どんどんと加速され、回を重ねるごとに、いろいろなものが研ぎ澄まされ、スピードが進んでいくというセラピーの実感を生徒の皆さんが持っている。ということが講座の醍醐味であり大事だと思います。

なので、いつも授業の初めには、この1ヶ月間の変化や様子をお聞きします。 
それは定期的なセラピーの場合は、必ずセラピー後の変化などが伴うことが多く、セラピーの解放が進んでいくごとに、感情や出来事も時として大きく出ることもあります。変化が感じられて解放できると、本人が一番嬉しいものです☆

そのために授業があり、定期的な講座があり、ということですね。

この1年間、同じメンバーの生徒さん同士、皆さん和気あいあいで楽しく深く授業を行えました。
無事に1年間を一人一人が迎えられたことは本当に嬉しく感謝でいっぱいです。

ありがとうございます☆
その感謝を込めて、午後は生徒の皆さんが毎回楽しみにしておられる公開チャネリングです。

=公開チャネリング=
チャネリングの存在=mearie(メアリー)と生徒の皆さんとの対話を楽しんで頂けて良かったです。
終えた後、皆さんの笑顔、シエアリングを通して、一人一人の気付きが得られたのだということがわかり、嬉しく思います^^。 やはりmearie(=メアリー)が加わると楽しいですね♪

さて4月〜も再びヒプノセラピー講座が新たに札幌でスタートします(東京もスタートです)。
札幌での講座に興味のある方はぜひどうぞ
http://www.marievision.com/hypnotherapykouzasapporo2018.html

毎月1度、自分自身の内側と繋がる時間は、とても有意義で、実生活がより豊かにスムーズに動き出します☆
ぜひお待ちしております☆

そしてこの1年間、生徒の皆さんと一緒にセラピーを共有できたことを毎回楽しく嬉しく思います。
私自身、皆さんからたくさんの愛を頂いております。 いつもありがとうございます(☆感謝☆)
そして今後も引き続きよろしくお願い致します☆


講座  inTokyo
2018/03/17

毎月、東京でも講座を開講しています。
東京では今日も開講しました。

生徒さんのカウンセリングや解放する上で思うことは、やはり一人一人に合った誘導をすること。
これに尽きます。

生まれてきた目的、性質、ましてや生まれてくる前の出来事も、すべて他とは違うのですから、その方に合った誘導を考え、行うのが当然です。でももっと言えば、「今日のあなた(生徒さん)」に合った誘導をすることが一番大事です。

今日の、今のあなた(生徒さん)を、ちゃんとみること。

今この瞬間の、その方をしっかりとみていくと、今日やるべき課題、問題、方向性がわかり、誘導が決まってきます。

過去も未来も、今に集約されているからなんだと思います。だからこそ今の誘導方法がはっきり見えてくると、その人は必要な場面の過去生に行ったり、トラウマの場面に行ったりなどが出来るようになりますね。

それと、過去の起きた出来事でのトラウマの話をしているから過去を解放するのが大事とは限りませんね。
今のその人を見ていくと、今やるべきことをしていくと、結果、過去の起きた出来事が自然とパワーを失っていくということもあります。

とらわれない心で臨むことって大事ですね☆


講座&ワークショップ inSapporo
2018/03/04

先週の日曜日は、札幌での講座&ワークショップでした。
ヒプノセラピーは、自分と向き合うもの。でも向き合うといっても、ただじっと自分を見つめるというのではなく思い出すこと。ちゃんと答えは自分の中にあるのだということを自らのセラピー体験で教えてくれる素晴らしい手段がヒプノセラピー。

ヒプノセラピーを知らない人は、過去生って必要なの?と思うかもしれません。
現在本の執筆中でその中にも触れていますが、過去生療法はヒプノセラピーの、ほんの一つにしか過ぎなくその他いっぱいのことが出来るのだということを知ってほしいなと思っています。
そしてヒプノセラピーの体験が増えてくるとコツが掴めてきて、解放も進み、こんなことを今日はやってみたいというのが出てきます。

先日の生徒さんのセラピーも、今日は「豊かさ」をテーマに取り組みたいと。
やリましょう!となり、そんなセラピーでももちろん充分なセラピーになるのです。感動して涙が出たり、満たされている感じを身体でいっぱい感じたり。

よって自分の否定的な部分を見て解放することだけがセラピーではないのですね。

例えば自分をいつも責めている方一人にとっても、その方にとってどういう誘導をすると、スムーズにいくのかは人それぞれ違います。 その方の特性を見て誘導の道筋を立てるのはセラピストの仕事ですが、こういう人だから、こういう誘導をすればいいというのは一切通用しなく一人一人違うということ。当たり前ですよね、症状は似ているように見えても生まれた環境はもちろんのこと、魂が人それぞれ、人生の目的も違うのですから。
よって自分に最も合った誘導というのがスムーズにいくと、どんどん思い出し、解放し、自由になります。

講座でも上記をお話ししながら誘導のしあっこを生徒さん同士してもらいました。

終わった後は皆さんすっきり。 自然と笑顔になる。回数を重ねるごとに、どんどん解放の深さが増していきますね♪

=後半はワークショップ=
この日は、久しぶりにインドのアーユルヴェーダ医学を用いたお話、養生をしていきました。 以前それぞれのアーユルヴェーダ診断をしてもらいましたので生徒さんは、自分のタイプがわかっています。
それに合わせたお話をしていきました。 みなさん納得できる内容だったり、今後どういうふうに過ごしていけば快適なのか含めて参考になったのではないかと思います♪

そしてワークショップの後半はヨガです。 肩周りが硬いのを気にされておりましたので、肩が楽になるヨガを中心に行いました。
最後は誘導瞑想でいつものようにリラックス。 最終的に生徒さんは、この誘導瞑想の至福のリラックスを望んでいます(笑顔)

今回も生徒の皆さんと楽しく充実した授業&ワークショップでした。
さて今月3月25日(日)は、いよいよチャネリングの存在=mearie(メアリー)=の公開チャネリングをワークショップの中で行います。
毎回ワークショップの中で、やはりこの公開チャネリングが皆さん一番盛り上がりますね。楽しんでくれます。
ぜひmearieとの会話を楽しんでくださいね♪

お楽しみに☆


講座&ワークショップ inSapporo
2018/02/05

更新が遅れましたが、先月札幌にて講座&ワークショップを行いました。

いつもどおり、生徒さんが互いのペアになりカウンセリング&誘導です。

札幌の生徒さんは、医師、看護師、教員などの生徒さんばかりです。どんどんレベルが高くなっていますね♪

カウンセリングは大事ですが、ヒプノセラピーは、カウンセリングがメインではありません。
誘導がメインです。しかしヒプノセラピーをスムーズにいくためには、カウンセリングの情報はやはり必要です。

カウンセリングにどんなに時間を割いても、本番のヒプノセラピーの誘導には敵いません。
これはヒプノセラピーを実際体験して、誰もが感じることでしょう。

なぜならヒプノセラピーは、自分の顕在意識で感じること、思ったことの表面的なレベルでの話ではなく、潜在意識、無意識の領域に入るヒプノセラピーからの情報こそが、本人が今まで気付けなかった領域が思い出され、解放されるからです。

結局、頭でいくら解決策を考えても体験こそが全てですね。

今回も生徒さんによっては、幼児期を思い出したり、過去世を思い出したり。
そこに行こうとするわけでなく、自然と思い出して行く。

答えは全て自分の内側の情報に隠されているんですね。
ヒプノセラピーは、ただただそれを引き出す作業。そしてそれがすごくパワフルなセラピーですね。

今回も生徒さんの終えた後のスッキリ感、満足感を感じ、良かったです。

=後半はワークショップ=
今回は、遠方からいらしてくださった方も参加してくださり、おこないました。
今回は、インドのヨガでいう「サンカルパ瞑想」です。

新年ということもあり、毎年生徒さんには、サンカルパ(祈願、意図、意志)などを書いてもらい、私の誘導でサンカルパ瞑想をしました。
その後は、陰陽五行の話をして、その後はヨガです。
午前中は授業をしたこともあり、午後のワークショップはヨガで身体を緩めてもらい、最後はお休み。

そしていつものように、アロマを使用したペアによる浄化法でスッキリしてもらいました。

今月末も講座&ワークショップがあります。玉ねぎの皮を剥くように、解放していくたびに、楽になっていく感じを体験していきましょう☆


講座&ワークショップ inSapporo
2017/12/31

今月の24日は、札幌にて講座&ワークショップの日でした。
クリスマスにも関わらず、日曜日のご参加ありがとうございます☆

今回も生徒さん一人一人が現在気になっていること、解放したいことをテーマに、それぞれの誘導が始まりました。

毎回誘導は、素晴らしいものがありますね。

スッキリします! そしてやはりセラピーの良いところは、本人が気づいていない、気づくことのない部分の解放を行える。ということだと思います。 自分ではこうしよう、ああしようと思っても、顕在意識のいつもの自分は、それさえも想定済みですので、結果日常生活では同じパターンになってしまうこともあります。

しかし深いところの無意識の領域のレベルへとセラピーで入ると、うまくいく、いかないというレベルの話ではなく、今まで蓄積されてきた自分自身の癖や思い込みや体験が、ふわっと出てきます。
人によってはそれは過去世まで達します。 もうこうなってきますと、本人が今まで思い出そうとも思い出せないところの領域ですので、その分解放はとっても大きく、だからこそ終えた後は放心状態のようになる方もいらっしゃれば、涙を流したり、スッキリした表情をされたり色々です。

過去世って本当にあるの?と思う方もいらっしゃるかもしれません、、、。そう思っているのなら自ら体験してみると良いです。何事も体験をしないであれこれ考えても、答えは出てきません。

すべては体験の中に答えがあるのですから。

そしてセラピーを終えた後、そして自分自身が日常生活を過ごしてみて、セラピーの体験がどのように生かされているのかを感じ取ることもセラピーです。
セラピーをすればするほど感受性が増します。 そうすると、次のセラピーは更にもっと深い体験ができ、結果、解法が大きく本人は更にスッキリ軽くなります。
相乗効果のようになっていくのです。 でもこれは不思議なことでもなんでもありません。
無意識レベルの領域を扱うからこそ、当然そのようになるのが自然です。
なんだかセラピーを続けて、家族の関係が良くなったとか、イライラしなくなったとか、すべてに感謝できるようになった。、、、などというのは自分は、他と繋がっているからなんですね。

よく自分が変われば周りが変わるといいますが、セラピーをしていると、理屈ではなく、そういうことが自分の体験で理解できるようになります。

何であれ、自分を善くしてくれるものの出会いは、それを変えていく力があります。

変に自分を卑下することもなく、誇張することもなく、穏やかに過ごすことができれば、それが幸せなことではないかなと思います。

今回も生徒さん同士の互いの誘導の中で、色々と見えてきましたね。

=後半はワークショップ=
前半は、手の反射区で図を描いて、日頃手の平のどの部分が、どの臓器に対応しているのかを含め、自分でもケアできるようにお伝えしました。後半はヨガです。気持ちよくゆったりと、日頃の疲れや凝り固まっているところをほぐす。

最後は気持ちよく誘導瞑想で終えました。

今年も生徒さんのおかげで、毎回楽しく授業を行え、感謝、感謝です。

来年もより一層、生徒さん一人一人の解放が進んでいけますよう、一緒にやっていきましょう〜♪

来年1月〜もどうぞよろしくお願いいたします。

良いお年をお迎えくださいませ☆


講座&ワークショップ in Tokyo
2017/11/06

昨日日曜日は、東京での講座&ワークショップでした。

昨日も生徒さんの解放が深かったな〜と思います。
昨日は、身体の組織をセラピーを使って見ていくことにしました。

体調が悪い時や、身体が弱まっているときは身体の中の組織に意識を向けてセラピーをすることもヒプノセラピーではします。

普段元気でいた身体の組織が急に思い通りにいかなくなってくると自分を責めたり、その組織を責めたり、いろいろな感情が本人から出てきます。

そんなときはセラピーで自分の身体を探る、見つめていくと良いでしょう。

組織の言い分や主張もあるわけで、それを本人が理解していくと、自分の体を労わり、感謝し、これからどうすればいいのか、どう関わっていくといいのか本人の深いところで気づくのです。

セラピーを終えた後の生徒さんの表情が何か抜けた感があって、本人もすごくスッキリした感じがちゃんと自分に感じられてセラピー前と後ではまるで違います。

私たちはいつも何かを否定したり拒否したりして知らずのうちにいることが多いです。しかしセラピーを通して、そういった自分の中の分裂した自己を統合していくことで自然な安心感が得られます。

女性は特にホルモンの影響で、感情が揺れやすいです。 怒ってみたり、卑屈になったり、自己嫌悪に陥ったり。
更年期障害の時期になると、特にそれが大きく出たりと様々です。
そういった自分の感情のうねりのアップダウンの繰り返しで苦しんでいる方こそ、ヒプノセラピーをぜひ体験してもらいたいなと思います。

=後半はワークショップ=
書き込みワークもして、更に具体的な自分の行動の変化をしてもらうべく気づきのワークをしました☆


講座&ワークショップ inSapporo
2017/10/17

今週日曜日は、札幌で講座&ワークショップでした。

今回もペアになり互いの誘導です。相手のしてもらいたいこと、解放したいことは何なのか? それは相手が言葉で話をしている以外で掴み取ることも大事ですね。

今回のワークショップは、陰陽の話から、食べものの陰陽について。食品の陰陽について。
陰と陽の性質の話から始めました。 「では○○の食品はこの食品と比べると、陰よりなのか、陽よりなのか?」と皆さんに質問形式で答えてもらうなど。

皆さんとっても興味を持っており答えていました。自分の食べている食品の好みや傾向が陰陽の性質から見ていくと、自分の健康状態含めて理解することに繋がりますね。

何が良い、そうでない。という両極ではなく、自分にとってのバランスとは何なのか?

そしてそのバランスとは、陰でも陽でもなく、中庸の世界にもっていくのがそもそもバランスなのであること。

そのために陰陽の話があること。 話は実はもっともっと深いのであります。

生徒さんから、食品の陰陽の話含め、いつから興味を持ったのかという質問もありましたが、10代後半と聞いて皆さんビックリされてました。

大学に通っていたときには、皆さんにお見せした陰陽バランスの表図はすでに冷蔵庫などに貼っていて、やっていたのでした。 生徒さんはカロリー表などならわかるけれども、こんな陰陽バランスの食品表は見たことが無かったとのこと。 もうそのころから導かれていたのかな。気付いていませんでしたが、、、。

しかし時が経過し、こうしてこの仕事に出会い、そのすべてがこれに限らず過去にしてきたことがすべてに繋がっているんだと実感しています。 もちろんまだ全然繋がっていないこと。そして一時期繋がっていたけれども今は必要ないものもたくさんあります。 

今皆さんが、一人一人興味を持っていることで、人から理解されない。でも好きなどと思えるものは、いずれ何か繋がるかもしれません。

誰にも理解できない、理解されなくても、いや理解されるためにそもそもやっていないので、何ら平気。興味のあるものをひたすら追求、というより勝手に追求している。しかしいずれそれはどこかや何かに勝手に繋がっているな、自分の経験上感じます。

オタクの方でもそれが仕事になる、なっているケースは、特別なことではなくいくらでもこの世にありますね。

でも色々と便利になっていくと、何が自分にとって好きなのかわからなくなるというのもあるかもしれません。
家族や他人の視線を感じて押し殺してしまうこともあるかもしれません。

毎回講座で、ヒプノセラピーのやり取りを生徒さんはしておりますが、セラピーをしていくと解放だけでなく、自分の気持ちに正直になっていきます。結果、求めていることが見えてくるということがありますね。

来月も講座&ワークショップを通して、色んな気付きや発見。スッキリ、気持ちよくやっていきましょう。お待ちしております☆


公開チャネリング in ASAHIKAWA
2017/10/17

先週土曜日は、旭川市大雪クリスタルホールにて公開チャネリングがありました。遠方からお越しの方含め、お集まりくださいました皆様ありがとうございます☆(感謝)☆

今回のテーマは「許し」(テーマはいつも看護士の主催者さんが考えています)

許しというと、自分を許すとか、相手を許すとか一般にそうだろうと思います。

しかしチャネリングの存在(=mearie= メアリー)は、そういう一般的なよくある話はしません!(笑)。
人間社会やスピリチュアルの世界ならではの話ではなく、チャネリングの存在(=mearie= メアリー)だからこそのメッセージがそこにあります。

チャネリングを終えたあと、皆さんがとても生き生きして、今回も目からウロコのような状態だったようで、話がとても弾んでいました☆

個人のチャネリングも良いですが、人数が集まった上での公開チャネリングは、他の方の話も聞けたり、テーマによる話や、その他色んなエネルギーの交流があり、皆さん、公開チャネリングの良さをたくさん話をしてくださり嬉しかったです☆

主催者の看護師さんが、毎回いつも楽しんでくださっていて(笑)、次回の計画も早速考えてくださり、こうして人の集まりが、公開チャネリングを通して広がっていくのは嬉しいものです。

もっともっと色々な方に、チャネリングの存在(=mearie= メアリー)のエネルギーに触れてもらいたいものです。そして公開チャネリングの良さや広がりも感じてほしいと、主催者共々感じております♪

今回も皆様の温かいエネルギーのおかげで、チャネリングの存在(=mearie= メアリー)とのエネルギーの交流を楽しんでくださり、私も終えて皆様の反応を感じ、とても嬉しく温かい気持ちになりました☆

チャネリングの存在(=mearie= メアリー)があるからこそ、私がいる。
そしてお集りくださいました皆さま、ありがとうございます☆
そのすべてに感謝です。

また次回は来年となりますが、公開チャネリングをまたおこないますので、ぜひ楽しみにまた入らしてくださいませ。そしてまだこれからの方も、お会いできますことを楽しみに致しております☆ MARIE


講座&ワークショップ inSapporo
2017/08/26

今週日曜日は、講座&ワークショップの日でした。
今回の講座も、それぞれに深かったと思います。
認識についての話もしました。

セラピーが怖い。という方がおります。
一つは単純に、ヒプノセラピーを受けたことが無いから怖い。
これはセラピーに限らず、何であれ始めてのことは緊張するはずです。ですから始めての体験なので怖いんですね。 でもこれは2回目以降は徐々に慣れていきますから安心ですね♪

そしてもう一つ、セラピーを何度かしているけれども、セラピーが怖い。という方が稀におります。滅多にいないのですが、、、。これは言葉の表現としては異なり、セラピーが怖いのではありません!

セラピー自体が怖いのであれば、わざわざお金を支払い、怖いと感じるセラピーを継続したりはしません。

何を言いたいのかというと、自分と向き合うのが怖い。ということですね。その現実の自分と向き合うことが怖い、ということです。

これをセラピーが怖いと、一緒くたにしないこと。これってすごく大事です。

ヒプノセラピーを受けた時の自由さ、解放感を味わっている方なら、純粋に物事を見れる方なら、体験でよく理解して頂けると思います。

そして現実から背けていることのほうが、よっぽど悩みが多くなることもありますね。

怖い。という気持ちを、大きな枠組みとして捉えるのではなく、何が怖いのか?の焦点を合わせていくことが何より大事です。

ヒプノセラピーは、自分自身と向き合うための時間ですから、ぼやけている怖さを、はっきりと認識できると、恐怖から遠ざかります。 結局、向き合わないほうがよっぽど今まで怖かった。ということを知ることになります。

講座の生徒さんは、講座が深まるにつれ、自分自身の隠しておきたいものが出てきたりします(意識的にも無意識的にも)。 ぜひ体験を通して、それらから自由になると自信に繋がりますね☆

=後半はワークショップ=
ヨガで、肩まわりをよく動かし、股関節をゆるゆると緩めたりしながら、最後は誘導瞑想で終えました。

来月もぜひ自分自身と向き合うための時間として、どうぞ楽しんでいっぱい解放してくださいね☆

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ


- Topics Board -