講座&ワークショップ inSapporo
2018/02/05

更新が遅れましたが、先月札幌にて講座&ワークショップを行いました。

いつもどおり、生徒さんが互いのペアになりカウンセリング&誘導です。

札幌の生徒さんは、医師、看護師、教員などの生徒さんばかりです。どんどんレベルが高くなっていますね♪

カウンセリングは大事ですが、ヒプノセラピーは、カウンセリングがメインではありません。
誘導がメインです。しかしヒプノセラピーをスムーズにいくためには、カウンセリングの情報はやはり必要です。

カウンセリングにどんなに時間を割いても、本番のヒプノセラピーの誘導には敵いません。
これはヒプノセラピーを実際体験して、誰もが感じることでしょう。

なぜならヒプノセラピーは、自分の顕在意識で感じること、思ったことの表面的なレベルでの話ではなく、潜在意識、無意識の領域に入るヒプノセラピーからの情報こそが、本人が今まで気付けなかった領域が思い出され、解放されるからです。

結局、頭でいくら解決策を考えても体験こそが全てですね。

今回も生徒さんによっては、幼児期を思い出したり、過去世を思い出したり。
そこに行こうとするわけでなく、自然と思い出して行く。

答えは全て自分の内側の情報に隠されているんですね。
ヒプノセラピーは、ただただそれを引き出す作業。そしてそれがすごくパワフルなセラピーですね。

今回も生徒さんの終えた後のスッキリ感、満足感を感じ、良かったです。

=後半はワークショップ=
今回は、遠方からいらしてくださった方も参加してくださり、おこないました。
今回は、インドのヨガでいう「サンカルパ瞑想」です。

新年ということもあり、毎年生徒さんには、サンカルパ(祈願、意図、意志)などを書いてもらい、私の誘導でサンカルパ瞑想をしました。
その後は、陰陽五行の話をして、その後はヨガです。
午前中は授業をしたこともあり、午後のワークショップはヨガで身体を緩めてもらい、最後はお休み。

そしていつものように、アロマを使用したペアによる浄化法でスッキリしてもらいました。

今月末も講座&ワークショップがあります。玉ねぎの皮を剥くように、解放していくたびに、楽になっていく感じを体験していきましょう☆


講座&ワークショップ inSapporo
2017/12/31

今月の24日は、札幌にて講座&ワークショップの日でした。
クリスマスにも関わらず、日曜日のご参加ありがとうございます☆

今回も生徒さん一人一人が現在気になっていること、解放したいことをテーマに、それぞれの誘導が始まりました。

毎回誘導は、素晴らしいものがありますね。

スッキリします! そしてやはりセラピーの良いところは、本人が気づいていない、気づくことのない部分の解放を行える。ということだと思います。 自分ではこうしよう、ああしようと思っても、顕在意識のいつもの自分は、それさえも想定済みですので、結果日常生活では同じパターンになってしまうこともあります。

しかし深いところの無意識の領域のレベルへとセラピーで入ると、うまくいく、いかないというレベルの話ではなく、今まで蓄積されてきた自分自身の癖や思い込みや体験が、ふわっと出てきます。
人によってはそれは過去世まで達します。 もうこうなってきますと、本人が今まで思い出そうとも思い出せないところの領域ですので、その分解放はとっても大きく、だからこそ終えた後は放心状態のようになる方もいらっしゃれば、涙を流したり、スッキリした表情をされたり色々です。

過去世って本当にあるの?と思う方もいらっしゃるかもしれません、、、。そう思っているのなら自ら体験してみると良いです。何事も体験をしないであれこれ考えても、答えは出てきません。

すべては体験の中に答えがあるのですから。

そしてセラピーを終えた後、そして自分自身が日常生活を過ごしてみて、セラピーの体験がどのように生かされているのかを感じ取ることもセラピーです。
セラピーをすればするほど感受性が増します。 そうすると、次のセラピーは更にもっと深い体験ができ、結果、解法が大きく本人は更にスッキリ軽くなります。
相乗効果のようになっていくのです。 でもこれは不思議なことでもなんでもありません。
無意識レベルの領域を扱うからこそ、当然そのようになるのが自然です。
なんだかセラピーを続けて、家族の関係が良くなったとか、イライラしなくなったとか、すべてに感謝できるようになった。、、、などというのは自分は、他と繋がっているからなんですね。

よく自分が変われば周りが変わるといいますが、セラピーをしていると、理屈ではなく、そういうことが自分の体験で理解できるようになります。

何であれ、自分を善くしてくれるものの出会いは、それを変えていく力があります。

変に自分を卑下することもなく、誇張することもなく、穏やかに過ごすことができれば、それが幸せなことではないかなと思います。

今回も生徒さん同士の互いの誘導の中で、色々と見えてきましたね。

=後半はワークショップ=
前半は、手の反射区で図を描いて、日頃手の平のどの部分が、どの臓器に対応しているのかを含め、自分でもケアできるようにお伝えしました。後半はヨガです。気持ちよくゆったりと、日頃の疲れや凝り固まっているところをほぐす。

最後は気持ちよく誘導瞑想で終えました。

今年も生徒さんのおかげで、毎回楽しく授業を行え、感謝、感謝です。

来年もより一層、生徒さん一人一人の解放が進んでいけますよう、一緒にやっていきましょう〜♪

来年1月〜もどうぞよろしくお願いいたします。

良いお年をお迎えくださいませ☆


講座&ワークショップ in Tokyo
2017/11/06

昨日日曜日は、東京での講座&ワークショップでした。

昨日も生徒さんの解放が深かったな〜と思います。
昨日は、身体の組織をセラピーを使って見ていくことにしました。

体調が悪い時や、身体が弱まっているときは身体の中の組織に意識を向けてセラピーをすることもヒプノセラピーではします。

普段元気でいた身体の組織が急に思い通りにいかなくなってくると自分を責めたり、その組織を責めたり、いろいろな感情が本人から出てきます。

そんなときはセラピーで自分の身体を探る、見つめていくと良いでしょう。

組織の言い分や主張もあるわけで、それを本人が理解していくと、自分の体を労わり、感謝し、これからどうすればいいのか、どう関わっていくといいのか本人の深いところで気づくのです。

セラピーを終えた後の生徒さんの表情が何か抜けた感があって、本人もすごくスッキリした感じがちゃんと自分に感じられてセラピー前と後ではまるで違います。

私たちはいつも何かを否定したり拒否したりして知らずのうちにいることが多いです。しかしセラピーを通して、そういった自分の中の分裂した自己を統合していくことで自然な安心感が得られます。

女性は特にホルモンの影響で、感情が揺れやすいです。 怒ってみたり、卑屈になったり、自己嫌悪に陥ったり。
更年期障害の時期になると、特にそれが大きく出たりと様々です。
そういった自分の感情のうねりのアップダウンの繰り返しで苦しんでいる方こそ、ヒプノセラピーをぜひ体験してもらいたいなと思います。

=後半はワークショップ=
書き込みワークもして、更に具体的な自分の行動の変化をしてもらうべく気づきのワークをしました☆


講座&ワークショップ inSapporo
2017/10/17

今週日曜日は、札幌で講座&ワークショップでした。

今回もペアになり互いの誘導です。相手のしてもらいたいこと、解放したいことは何なのか? それは相手が言葉で話をしている以外で掴み取ることも大事ですね。

今回のワークショップは、陰陽の話から、食べものの陰陽について。食品の陰陽について。
陰と陽の性質の話から始めました。 「では○○の食品はこの食品と比べると、陰よりなのか、陽よりなのか?」と皆さんに質問形式で答えてもらうなど。

皆さんとっても興味を持っており答えていました。自分の食べている食品の好みや傾向が陰陽の性質から見ていくと、自分の健康状態含めて理解することに繋がりますね。

何が良い、そうでない。という両極ではなく、自分にとってのバランスとは何なのか?

そしてそのバランスとは、陰でも陽でもなく、中庸の世界にもっていくのがそもそもバランスなのであること。

そのために陰陽の話があること。 話は実はもっともっと深いのであります。

生徒さんから、食品の陰陽の話含め、いつから興味を持ったのかという質問もありましたが、10代後半と聞いて皆さんビックリされてました。

大学に通っていたときには、皆さんにお見せした陰陽バランスの表図はすでに冷蔵庫などに貼っていて、やっていたのでした。 生徒さんはカロリー表などならわかるけれども、こんな陰陽バランスの食品表は見たことが無かったとのこと。 もうそのころから導かれていたのかな。気付いていませんでしたが、、、。

しかし時が経過し、こうしてこの仕事に出会い、そのすべてがこれに限らず過去にしてきたことがすべてに繋がっているんだと実感しています。 もちろんまだ全然繋がっていないこと。そして一時期繋がっていたけれども今は必要ないものもたくさんあります。 

今皆さんが、一人一人興味を持っていることで、人から理解されない。でも好きなどと思えるものは、いずれ何か繋がるかもしれません。

誰にも理解できない、理解されなくても、いや理解されるためにそもそもやっていないので、何ら平気。興味のあるものをひたすら追求、というより勝手に追求している。しかしいずれそれはどこかや何かに勝手に繋がっているな、自分の経験上感じます。

オタクの方でもそれが仕事になる、なっているケースは、特別なことではなくいくらでもこの世にありますね。

でも色々と便利になっていくと、何が自分にとって好きなのかわからなくなるというのもあるかもしれません。
家族や他人の視線を感じて押し殺してしまうこともあるかもしれません。

毎回講座で、ヒプノセラピーのやり取りを生徒さんはしておりますが、セラピーをしていくと解放だけでなく、自分の気持ちに正直になっていきます。結果、求めていることが見えてくるということがありますね。

来月も講座&ワークショップを通して、色んな気付きや発見。スッキリ、気持ちよくやっていきましょう。お待ちしております☆


公開チャネリング in ASAHIKAWA
2017/10/17

先週土曜日は、旭川市大雪クリスタルホールにて公開チャネリングがありました。遠方からお越しの方含め、お集まりくださいました皆様ありがとうございます☆(感謝)☆

今回のテーマは「許し」(テーマはいつも看護士の主催者さんが考えています)

許しというと、自分を許すとか、相手を許すとか一般にそうだろうと思います。

しかしチャネリングの存在(=mearie= メアリー)は、そういう一般的なよくある話はしません!(笑)。
人間社会やスピリチュアルの世界ならではの話ではなく、チャネリングの存在(=mearie= メアリー)だからこそのメッセージがそこにあります。

チャネリングを終えたあと、皆さんがとても生き生きして、今回も目からウロコのような状態だったようで、話がとても弾んでいました☆

個人のチャネリングも良いですが、人数が集まった上での公開チャネリングは、他の方の話も聞けたり、テーマによる話や、その他色んなエネルギーの交流があり、皆さん、公開チャネリングの良さをたくさん話をしてくださり嬉しかったです☆

主催者の看護師さんが、毎回いつも楽しんでくださっていて(笑)、次回の計画も早速考えてくださり、こうして人の集まりが、公開チャネリングを通して広がっていくのは嬉しいものです。

もっともっと色々な方に、チャネリングの存在(=mearie= メアリー)のエネルギーに触れてもらいたいものです。そして公開チャネリングの良さや広がりも感じてほしいと、主催者共々感じております♪

今回も皆様の温かいエネルギーのおかげで、チャネリングの存在(=mearie= メアリー)とのエネルギーの交流を楽しんでくださり、私も終えて皆様の反応を感じ、とても嬉しく温かい気持ちになりました☆

チャネリングの存在(=mearie= メアリー)があるからこそ、私がいる。
そしてお集りくださいました皆さま、ありがとうございます☆
そのすべてに感謝です。

また次回は来年となりますが、公開チャネリングをまたおこないますので、ぜひ楽しみにまた入らしてくださいませ。そしてまだこれからの方も、お会いできますことを楽しみに致しております☆ MARIE


講座&ワークショップ inSapporo
2017/08/26

今週日曜日は、講座&ワークショップの日でした。
今回の講座も、それぞれに深かったと思います。
認識についての話もしました。

セラピーが怖い。という方がおります。
一つは単純に、ヒプノセラピーを受けたことが無いから怖い。
これはセラピーに限らず、何であれ始めてのことは緊張するはずです。ですから始めての体験なので怖いんですね。 でもこれは2回目以降は徐々に慣れていきますから安心ですね♪

そしてもう一つ、セラピーを何度かしているけれども、セラピーが怖い。という方が稀におります。滅多にいないのですが、、、。これは言葉の表現としては異なり、セラピーが怖いのではありません!

セラピー自体が怖いのであれば、わざわざお金を支払い、怖いと感じるセラピーを継続したりはしません。

何を言いたいのかというと、自分と向き合うのが怖い。ということですね。その現実の自分と向き合うことが怖い、ということです。

これをセラピーが怖いと、一緒くたにしないこと。これってすごく大事です。

ヒプノセラピーを受けた時の自由さ、解放感を味わっている方なら、純粋に物事を見れる方なら、体験でよく理解して頂けると思います。

そして現実から背けていることのほうが、よっぽど悩みが多くなることもありますね。

怖い。という気持ちを、大きな枠組みとして捉えるのではなく、何が怖いのか?の焦点を合わせていくことが何より大事です。

ヒプノセラピーは、自分自身と向き合うための時間ですから、ぼやけている怖さを、はっきりと認識できると、恐怖から遠ざかります。 結局、向き合わないほうがよっぽど今まで怖かった。ということを知ることになります。

講座の生徒さんは、講座が深まるにつれ、自分自身の隠しておきたいものが出てきたりします(意識的にも無意識的にも)。 ぜひ体験を通して、それらから自由になると自信に繋がりますね☆

=後半はワークショップ=
ヨガで、肩まわりをよく動かし、股関節をゆるゆると緩めたりしながら、最後は誘導瞑想で終えました。

来月もぜひ自分自身と向き合うための時間として、どうぞ楽しんでいっぱい解放してくださいね☆


講座&ワークショップ in Tokyo
2017/07/20

今週月曜日の祝日の海の日は、講座&ワークショップの日でした。

今回のテーマはは過去世というよりかは、生徒さんの20代の時の、ある場面に戻ってもらうことでした。

最近の寝てみる夢を思い出して講座の際にお話してもらいました。
そこで、このテーマが浮かび上がりました。

生徒さんは20代の頃の自分の記憶は覚えている。と言いますが、もう一度そこをセラピーする必要があること、その理由をホワイトボートで説明しながらお話しました。

実際セラピーで体験してみると、終えた後は、今まで一番核心に迫ったものが出てきた。とお話されていました♪

そうなんです! たとえ自分の記憶で思い出せるものでも、なぜもう一度ヒプノセラピーで思い出す必要があるのか、、、。

それは一言でいうと、「認識の違い」を理解してもらうこと!です。

私たちは自分の都合の良いように、思い出を良い思い出にしようとしたり、悪い思い出にしようとしたりと勝手にしてしまいます。

その歪んだ認識が自分の解釈となって、年数を経過するごとに強めてしまいます。

ヒプノセラピーで体験することは、ほんとうはどうだったのかです。

事実のありのままを本人がヒプノセラピー体験することで、歪んだ認識、解釈から解き放つことです。

そうすることで、そこからとっても自由になるのです。

思い出に縛られなくて済むのが、セラピーの目的の一つでもあります。

セラピーは、人に隠しておきたい秘密や、恥ずかしいと思うことや、はたまた自慢したいことなど表面的にはあります。しかしセラピーを体験すると、自然とそういう表面的なものの鎧みたいなものが取れて、勝手に自分自身の潜在意識、無意識が浮かび上がり、深層的なものに触れることができます。
それこそが価値のあるものだと自然と体験で理解できるから、終えた後スッキリ、楽になれるんですね。

隠したいと思っていたものへのこだわりが、自然と取れていく方法を自ら体験を通して理解できてくると、楽になれると同時に自己への信頼感は増してきます。

=後半はワークショップ=
陰ヨガをしました!
生徒さん、やっぱり陰ヨガは良いと言ってくださいました。 普通のヨガの体験もある方ですが、陰ヨガはちょっと別なヨガ。 私も札幌では普通のヨガをする時のほうが最近は多いですが、、陰ヨガは特にヒプノセラピーと相性が良いなと思います。 なのでヒプノセラピーの講座を終えた後の陰ヨガは、かなりディーブに深く、魂だけでなく、身体も最後は緩んでもらえるなと感じています。

外側に意識を向きがちな心を、自分の内側に意識を。と言われても難しいと思います。
しかしヒプノセラピーの体験は、体験が勝手に内側に意識を向けて、そこで自分が解決し、自分が気付き、自分が解放していくすばらしい術ですね。

また来月も、一歩、一歩気付きや体験が深まるように伝えていきます☆


講座&ワークショップ inSapporo
2017/07/12

今週日曜日は札幌で講座&ワークショップでした。

授業のテーマは、今回は何のテーマにする。というのではなく、それぞれの今抱えている問題や気付き、ヒプノでしてみたいことなどに沿っておこなっていきました。

よって生徒さんによって、インナーチャイルドや過去世など、それぞれのヒプノセラピーを体験してもらいました。

ヒプノセラピーは、どの場面、テーマになっても、それぞれの学びや気付きがあります。

過去世なんて今ではないのだから関係ないのでは?と、ヒプノセラピーを体験したことの無い方は思うかもしれません。 
話は少しそれますが、歴史学者も言ってました。歴史を知ることで、今をどうすればいいのか学ぶことができる実用的なものだと。

よく、大学の生徒さんや他者から歴史を学ぶことは必要なのかと聞かれるそうです。歴史を学ぶことで、過去の過ち、失敗を分析し、今はそうならないように生きることができると。

それを聞いたとき、ヒプノセラピーと同じだなと思いました。今を生きる道具だと私は思いますね。
過去世を体験することで、その当時の失敗や成功、落胆、哀しみ、喜びなどなどが、、、今世と、どう繋がっていて、そしてどうやってそれを生かすことができるのかを自らの過去世体験から知ること、気付くことができるのです。

無意識を意識化することが大事なのです。 失敗や哀しみに気付かないままでいると、また同じことが繰り返されます。体験すること、知ること、気付くことは、そういったスパイラルから抜け出しスムーズに流れ出すのを助けてくれるんですね。

自分がどうやって生まれてきたのかを知ることも過去を見つめることになりますね。そのことにより今を生き、今後をより良く繋げることができます。

今回もセラピーの体験で、一人一人が気付きや解放がたくさんありましたね!

=後半はワークショップ=
いつものように気持ちよくヨガをして、身体も楽になる。最後は誘導瞑想で心身疲れを取り、リフレッシュ☆

来月も、お一人お一人が深く学び、深く感じ、深く体験できるよう一緒にやっていきましょう!
お待ちしております☆


講座&ワークショップ inSapporo
2017/06/17

今週日曜日は札幌にて講座&ワークショップの日でした。
今回の授業のテーマは「過去世」です。

過去世は、自分自身が生まれる前の記憶を思い出すことです。
しかしわざわざ過去世を思い出そうとするわけではありませんセラピーですから。

セラピーは変化です。ただ思い出しただけで自分が何も変わらなければそれは意味がありません。

よって誰かがあなたの過去世は○○ですよ。と教えてくれたとしても、そこで変わる人はいるかもしれません。
でも本当の意味で変わることができるのは自分自身の内側が変化したとき。そしてその最大は体験したときこそ力強く変わる瞬間です。

過去世を体験することがヒプノセラピーはできるんですね。
それが他のどんなセラピーよりも特徴的であり、もっとも力強いセラピーである所以です。

体験してみると何かしら変わります。
人によっては体験した直後はわからないと思った方でも、自分自身の内側は何かしら変化しているはずです。少しずつ時間を経過してみると、あれ?なんだかいつの間にか周りの反応が変わってきた。いつの間にか気にならなくなった、、、など。

そして繰り返していくたびに、自分の内面の繊細な変化に気付きやすくなります☆ 
内面に気付きやすくなればなるほど相乗効果のように、どんどんと変化の速度や大きさが大きくなります。
そしてそれはやがて自分自身を肯定できるようになり、自分の中に答えが持っているんだという自信に繋がり、それが結果他者にも良い影響を及ぼしていくんですよね。

調子があんまり良くないときというのは、自分の内面の歯車が噛み合っていないときかもしれません。
外に意識が向けすぎていて、それに一喜一憂しすぎて疲れているとき。 自分自身と合っていない。

そんなときこそヒプノセラピーで自分と繋がることの力強さや解放感を手にすると、あ〜、自分は外に意識が向けすぎていて落ち込んでいたり卑下したりしていたんだなということに気付いたりします。

=後半はワークショップ=
今回はペアでおこなうヨガも楽しく取り入れて、身体も気持ち良くなってもらい、最後は横になってもらい誘導瞑想で一休み。その後はまたペアになってアロマを使用してのいつもの浄化法でスッキリしてもらいました。

さて来月は「幼児期退行」の予定ではおりますが、変わるかもしれません(笑)。 いずれにせよお楽しみに☆


講座&ワークショップ inSapporo
2017/05/16

今週日曜日は、札幌にて講座&ワークショップの日でした。
お集まりくださいました生徒の皆樣ありがとうございます。 この日の札幌は風が冷たく寒かったですね。
そんな中、授業の内容は「インナーチャイルド」です。
基本であるインナーチャイルドは、時々定期検診のように自分のインナーチャイルドの様子をセラピーで確認することは大事です。

日常生活で疲れている、やる気が起きない、意欲がない、すべてにおいて無関心で興味が持てない、、、などといった症状は、インナーチャイルドのセラピーをしてみると良いです!
数々のセッションをしてきましたが、このインナーチャイルドのセラピーをすると上手くいくことが多いためです。

インナーチャイルドは、自分の心そのものです。 心が疲れている、疲れきってしまっているとき、元気が無いときは、自分自身のインナーチャイルドを見てあげてください。
実際どんな状態かは、今の自分の気持ちよりも、よりリアルに出てきますよ。

そんな大事なインナーチャイルドをセラピーの中で授業&実技として実際体験してもらいました。

他人から見て、その人の調子がいつもの感じと違うな。という場合、その本人は意識できない場合、認識できないでいる場合は、自分自身と噛み合っていない状態であり、当然インナーチャイルドも様子が変化しています。

インナーチャイルドをセラピーで見ていくことで、ほんとうの自分自身はどう感じてるのか、どうしてあげると自分は良いのか、、、などといった自分自身のケアを自分がしていくのがセラピーです。

時に人は、自分のケアをするより、他人への批判や他人の眼を意識するほうが楽ということがあります。
それを認識していれば問題ありませんが、いつの間にか、自分自身の心がわからなくなり、自分が本当にどう思っているのか、どうしたいのかが見えなくなってしまう、、、、という場合は、注意が必要ですね。

自分のことは自分がよくわからないものです。
しかしセラピーを通して、自分を理解することができるようになると、自分が決めている、ということの自覚が持てるようになり自分の人生に積極性が出てくるようになります☆

=後半はワークショップ=
アートセラピーのカードワークをおこないました。絵によるメッセージは、ご自身の今の状態や今後の展開を表します。皆さん、自分にピッタリの1枚を引いていましたね!☆
残りの時間はヨガです。
春は東洋医学の陰陽では肝臓を表します。 肩凝りも皆さんあるとのことで肩まわり中心を動かすヨガをしました。 皆さんが、肩凝りすっきり楽になった!と、良い変化を感じて頂けて良かったです。
そして最後にペアになっての浄化法でスッキリしてもらい、心身軽い状態で終えました☆

来月また再び学び&解放して、心身スッキリ気持ちよくいきましょう☆ お待ちしております☆


講座&ワークショップ in Tokyo
2017/05/11

GWもすっかり終わりました。
GW中は、都内で講座&ワークショップでした。

今回の講座のテーマは「寝てみる夢の続きをヒプノセラピーで紐解く&夢を解放する」。

ヒプノセラピーは、潜在意識、無意識の領域を扱います。普段ほとんどの私たちがコントロールができない寝てみる「夢」も同じ無意識レベルの領域です。

しかし私たちは朝起きたときに、断片的にしか夢の内容を思い出せないことが多々あります。
それはいつもの顕在意識が働いているからです。何もかもすべて覚えていることはストレス、恐怖を感じます。
私たちは忘れることによって、日々の日常を前へ進めていけるのですね♪

しかし顕在意識でも、時々自分の想いや癖やトラウマや感情が、ふわっと表に出て来ることがあります。
ふとしたときに出て来る、忘れていたはず、蓋をしていたはずの、無意識に出て来る感情や癖や想いやトラウマ的な何かが出て来る瞬間があります。それは顕在意識と無意識は深いところで繋がっているからなんですね。

寝て見る夢は、まさに顕在意識と無意識の橋渡しの役割があります。
何か気になる夢、印象的な夢があったら、それを一つに結ぶためにも、夢をヒプノセラピーで扱うのはとても良いことです。

講座では、最近見た夢の続きを、ヒプノセラピーでおこないました!そして解放する☆
そうすることで、無意識からの夢のメッセージを顕在意識で気付く、理解することで、日常に戻ってきてからもすっきり気持ちよく前へ動いていけるようになります。

無意識レベルが整理できてくると、顕在意識はスムーズに動き出すんですね。

夢占いというのがありますが、それはあくまでも一般的なこと。
ヒプノセラピーを誰もが体験すると、つくづく、夢の解釈、解放は、人それぞれであることがわかります。

解放した後のすっきり感があるからこそ、ヒプノセラピーは楽しいのですね♪

=後半はワークショップ=
陰ヨガをおこないました。陰とは何か? 今の症状は? そういったところから入り、身体も深めてもらいました☆ 動くヨガが苦手な方でも、陰ヨガは好きっていう方多いです。 また動くヨガで身体が痛めてしまうこともあって、こっちのほうが好きかもと言ってくださったりなどでした。
私としては動くヨガも教えていますので、どちらも素敵なヨガですが、その方の今の状態や身体に合わせて、今日は何をしましょう。と提案できるのは良いなと思いますので、今後も皆さんとお話しながら決めていきますね♪ また次回の講座楽しみにしております☆


講座&ワークショップ inSapporo
2017/04/19

今年4月〜再び札幌での講座がスタート致しました。
お集まりくださいました皆さまありがとうございます☆ 

講座最初の授業のテーマは「インナーチャイルド」です。
インナーチャイルドは、どんな時でも、またいつおこなっても良いくらい基本中の基本です。
このインナーチャイルドのベースがしっかりできていると、その後の過去世、今の自分自身の問題、トラウマなどなども、その後はうまくいくようになります。

それはなぜなのか?を細かく伝えていきました。
互いの誘導を通して、自分自身のインナーチャイルドを感じてもらいました。

=後半はワークショップ=
今年4月から、陰のヨガをおこなっています。 陰のヨガとは何か? リラックスでもない、そしてただ静止するポーズとも違う。陰とは何か?の奥深さをこれから少しずつ学んで頂けると、その深さがわかってくると思います。

午前中から午後のワークショップにかけて、生徒の皆さんに今回伝えたことは、「何もしない」ということ。
この何もしないということが、皆さん、どうも苦手なようです、、、。

何もしないということのメリットを今回授業、実技、ワークショップを通して実際、体験してもらいました。
何もしないほうが、深まるということは、まさにこういった授業やワークショップで感じて頂ける素晴らしい気付きです。

生徒さんからは、何もしないことがこんなに効くとは、、、という感想も頂戴しました。
そうです、自分の心も身体も、何もしないことで、頭の雑念や身体の自分が弱まっているところが、如実に明確に表になって出てきます。

私たちは忙しいときは、自分自身を見つめる機会がないため、心も身体もおろそかになります。
しかし、雑念を取り払っていくごとに、自分自身の苦手なところ、弱いところが、表になって出てくるのです。

ヒプノセラピーは、心の声を聞くことで、日常生活では味わえない、気付かなかった原因、問題が浮き彫りになるように、身体も陰のヨガを通して、自分の関節や骨の弱いところなどがふっと浮かび上がってきたりします。

まだ1回目です。これからまだまだ深めることで、自分の魂と身体を通して少しずつ理解できるようになります。
焦らず、ゆっくりと。
来月もお待ちしております☆


講座&ワークショップ in Tokyo
2017/04/10

昨日の日曜日は、都内で講座&ワークショップをおこないました。
基本のインナーチャイルドからスタートしました。私も誘導をかけてもらい、気持ちよかったです。

後半のワークショップは、今月4月から「陰ヨガ」をスタートしました。
中国の東洋思想の陰陽五行説をベースにし、体の巡り(経絡)を意識した陰ヨガを、ヒプノセラピーと合わせておこないました☆

ヒプノセラピーは自分と向き合うセラピーです。また陰のヨガも、通常のヨガよりも自分の身体を向き合うヨガの要素がとても強いため、これと掛け合わせると、と〜っても相性が良く、パワフルなのです!!

生徒さんはヨガ経験者ですが、こっちのヨガのほうが好きかもと言ってくれて良かったです。
通常のヨガだと身体を痛めたりすることもありますが、陰ヨガは自分のペースで出来るとおっしゃってくださり良かったです^^。 より身体が開いて気持ちが良いのが伝わってきました♪

今週はなんとホットヨガスタジオの環境で特別レッスンとして陰ヨガをお伝えしますが、ホットなのに常温ヨガにさせてもらい、いつもヨガでがんがん筋肉を使っている生徒さんたちに、筋肉を使わないヨガをお伝えする機会で、どんな反応が来るのか、少し不安もありますが今からドキドキ、楽しみです。

ヒプノセラピーに慣れ親しんでいる方や、身体を動かすことが苦手な方は、陰のヨガはすんなりと受け入れてくれると思いますので、昨日の講座後のヨガも楽しんで頂けて良かったです☆

さて今週はいよいよ札幌でも講座スタートですhttp://www.marievision.com/hypnotherapykouzasapporo2017.html

心も身体も同時にケアして、自分自身の生活に役立ててもらえたら嬉しいです☆


講座&ワークショップ inSapporo
2017/03/29

今週日曜日は、講座&ワークショップの日でした。
このヒプノセラピー講座は、同じメンバーで1年間授業&実技をおこないます。
月に1度の集まりですが、生徒の皆さんがどんどん変化していていき、毎回ヒプノセラピーの深さを生徒の皆さんと共有でき大変嬉しく感じております。

生徒の皆さま、おつかれさまでした☆ 毎月遠方から参加の方などほんとうによく通いがんばってくれました。もうそれだけで素晴らしい! 
仕事以外で自分の時間を持つことは独身でも既婚者でも大切だと思います。
その時間にヒプノセラピーの講座を選択してくださることを嬉しく思います。
まさに自分と向き合うためのエッセンスがすべて含まれておりますね。何より講座で大きな解放ができスッキリすることがいちばんです。日常でストレスを抱えていたり、自分が迷ったり苦しんだりなどあっても、授業で学び実技のセラピーで解放すると、今の自分の悩みや考えていることの整理が自然とできてスッキリします。

結局今の悩み原因は、どこから来ているのか?
そしてセラピーは、自分がどうあるべきか、どうするかが自然と出てきますので、特別何かをしようとしなくても解決されていくためそれでいいんですね。
普段はああでもない、こうでもないと悩んでいても、自分の深い部分を探っていくとちゃんと答えが出てくる。そしてものすごく納得する。

講座の生徒さんの良い変化を毎回感じられて私もとっても楽しかったです。
1年間、ほんとうにありがとうございます。感謝しかありません(感涙)。
どんなときでも自分を見つめ、探っていく姿を感じられて嬉しかったです。

=後半は公開チャネリング!=
1年間ありがとうございました。ということで、毎回生徒の皆さんが一番楽しみにしてくださる公開チャネリングをプレゼントとしてワークショプの時間を使いおこないました。

チャネリングの存在(=mearie= メアリー)とのエネルギー交流をとっても楽しんで頂けたようで、終えた後の皆さんのシエアリングで盛り上がりました。

1年間、毎月参加してくださりありがとうございます。 当たり前のように感じて実はすごいことなんだと思います。生徒の皆さん、私もそうですが、こうして元気に講座で月に1度一緒に学べることはすごいことなんだと思うのです。色々な条件がそろっていないとこうして元気に毎月集まれないのですから。
なので色んな見えない大きな力も含めて、そして一人一人の存在そのものに感謝です。私も自分に感謝します(笑)。 ありがとうございます☆

1年間おつかれさまでした。ヒプノセラピーは自分で答えを出すことに尽きます。
どうぞ講座で得た知識や体験を、ご自身の生活に生かしてください。そしてまたいつでも自分が自分で無くなりそうなとき、またヒプノセラピーを体験してください。ヒプノセラピーは回を重ねるごとに解放も深く大きくなります。何かあったらヒプノセラピーがあるんだと思い、それが力強い自分の支えになっていくことを願っています☆

ありがとうございます♪

=さて話は変わり来月も新しく講座をスタートします=
詳細http://www.marievision.com/hypnotherapykouzasapporo2017.html

継続して参加される生徒の方々、そしてこれから学びたいなと思う方もぜひお待ちしております☆


講座&ワークショップ inSapporo
2017/02/17

先週日曜日は、札幌で講座&ワークショップの日でした。
今回は雪祭りシーズンだけあって、駅や空港、ホテルも人が多かったです。
そんな中、いつも遠方から何時間もかけて札幌の講座に来てくださる生徒さんもいらして、ありがとうございます。

今回の授業は、バランスもテーマでしたね。

授業では、過去世、胎内退行、インナーチャイルド、ハイアーセルフ、両親との関係や、寝てみる夢の続き、中間世、サブパーソナリティなど、さまざまです。

その方によって、過去世ばかり見る方もいれば、ハイアーセルフばかりセラピーに出て来る方もいます。

そのときのトラウマや、もしくは解放しなければならないこと、またはその方の可能性を引き出すのに必要なことであれば、何回かのセッションが必要な場合があります。
しかし、、いつも同じパターンばかり出て来る場合は注意が必要です。

その話を授業の中でお話していきました。

一つの側面ばかりを見すぎてしまうと、その方のバランスが崩れてしまいます。

私個人の体験がそうでした。 当初、ヒプノセラピーを習ったばかりの頃、セラピーを体験したばかりは、いつも同じパターンばかりでした。 しかし自分はどんどんイメージも出て来ますし、それなりに気持ちが良いため、良いと思っていました。しかし、そうではなかったのです。 そうではなかった。ということに気付くには、そうではなかったという手前で、終わってしまっては、わかりません。 
自分はこんなもんか、というところではなく、こんなもんかの先にあるものに気付くと、一気にぶわ〜っと解放が待っていることがほとんどです。 いわゆる自分のパターンを打ち破る瞬間が必ず訪れます。

どうしてもパターンというのは、偏りが出て来てしまいます。 セラピストという役割は、相手のパターンを見つけ出し、足りない要素を入れていったり、伸ばして行ったり、違う側面を見てもらったりと、相手の色々な可能性を引き出すことをしていきます。
その誘導する側の引き出し役を、講座の生徒さんはそれぞれに今学んでもらうために、授業をしておりますが、誘導って本当に難しいですよね。 人それぞれ、みんな違うのですから。
でもそれが面白いんですよね。 誘導する側の固定観念は捨てるところから、すべては始まるのですから。

来月もあります。ぜひ相手役になる人の知らない側面を出してあげて、その相手の可能性を引き出したり、思いっきり解放できるように、私もサポートしていきますので♪ 続けて学んでいきましょう!

=後半のワークショップ=は、サンカルパという、インドのヨガでいう、祈願のことです。
あ、私はこの文章を書いて、すっかりサンカルパの続きの儀式をおこなうことを忘れていました(苦笑)、、。

毎年、1年に1回、ワークショップでサンカルパをして、それぞれに自分の願いが叶いますように☆

さて来月のワークショップは、毎回皆さん楽しみにしてくださる、公開チャネリングです!
チャネリングの存在mearie メアリーが、何を語るのでしょうか。

ぜひお楽しみに☆


講座&ワークショップ inSapporo
2017/02/03

先月末は、札幌で講座&ワークショップの日でした。

講座の内容は、ワークショップ含め、自然と陰陽の話から授業を進めていきました。

この講座に来る前に、私は数日間、陰ヨガティーチャーの講座で朝から夜まで、講座を受けていました。
私を含めて、すべての生徒さんがヨガインストラクターで、それが資格条件の一つでもありますし、すでにそのレッスンを1年以上定期的に受けていることなどなど、参加条件があります。

深く陰を学び、生徒さんに新しい陰のクラスを教えるために、北は青森から南は熊本まで、全国からいらしていました。

まだまだ勉強することがありますが、その講座の中で私自身が講義と自分の身体のエネルギーで感じたことを、このヒプノセラピーの講座でシエアリングをしました。

生徒の皆さんは、とっても興味津々で、帰り際に、今日は深い講座でした、などと医師の方も、今までの西洋医学中心の現代の医学のためなのか?、 良い感想を述べてくださいました。

私が学んだことはヨガなので身体へのアプローチですが、これは心や魂のセラピーにも同じことが言えると思います。

個人セッションや講座の生徒さんの中でも、寝付きが悪い、寝ても寝ても眠たい。だるい、、などといった症状を、私にお話してくれることが、よくあります。 
実はそれは、陰の気が足りない。ということなのです。

なので、陰の気をたっぷりと補充していくと、肌にも潤いを持ち(陰の気が足りないと、ぱさぱさの乾燥)、柔軟性も増していきます。ではどうしたら良いのか、と陰陽五行の話から、その日は授業を進めていきました。

またこの話は、講座の時間が取れるときに、どんどんお話ししていきますし、この講座は3月で終了しますが、4月〜の新しい講座スタートの時でも(詳細
http://www.marievision.com/hypnotherapykouzasapporo2017.html)、自分が習ったこと、そして更なる陰陽五行含め学んでいきますので、それを講座でもシエアして、色んな角度から、皆さんの心と健康に役立ち、より一人一人に合ったアプローチをしていきます♪

授業の後は、お互いの誘導の体験を、いつものようにしてもらいました。
その日の体験も、そしてシエアリングも深かったですね。
講座の回数を重ねると、自分の癖、パターンがわかるようになります。講座の意味は、それも大きな意味があります。
同じメンバーで、毎月一度集まると、自分がどういう気持ちでいるのか、ヒプノセラピーで体験しても、自分の傾向、性質がわかるようになります。 最初は解放でスッキリしたとか、人によってはなかなか最初は出てこないけど最近になって出て来たなど様々ですが、そのすべてを含めて、自分がわかるようになります。

心を開くってなかなか難しいです。でもセラピーで扱っている無意識のレベルからアプローチしていくと、自分でも気付かなかった自分が出て来るのです! これは素晴らしい自分へのプレゼント、発見です。

今回の講座後でも、講座で気付かなかったことが、今気付いたというメールをくださったりと♪、無意識からの自分へのメッセージに耳を傾けると、そこから自分の可能性がたくさん広がります。

次回の講座は、今回早くて、すぐ来週です。
また皆さんとお会いできますこと楽しみです☆


講座&ワークショップ inSapporo
2016/12/31

先週日曜日は、札幌で講座&ワークショップの日でした。
年末も差し迫るクリスマスの日の講座にご参加頂き、生徒の皆さんありがとうございます☆
また札幌はちょうど大雪で飛行機やJRなどが遅延や欠航の中、皆さん遅刻すること無く無事に参加されまして、本当に良かったです☆

今年は年末最後の講座でクリスマスということもあり、ヒプノセラピーの誘導で、サンタクロースにプレゼントをもらうという誘導でも良いですよ。というお話をしました。  そんな楽しい誘導も可能なのです。

セラピーというと、どうしてもトラウマを見つめなきゃ、探さなきゃ、何か解放しなければという思いを抱きがちですが、そんなことはありません。もちろんそうしたいのであれば、それはする。
ですが、いつもいつも自分の深い部分を見つめることだけに意識を向けてばかりいると、ふっと軽い要素の自分を感じられなくなってしまいます。
大事なことは、深い要素を見ていけば見ていくほど、解放された後の、軽くなった自分を、ちゃんと感じきること。この繰り返しがとても大事です。
その後処理をしっかりと感じないと、いつも原因探しや、足りないところばかりを感じてしまう癖の中で止まってしまうようになります。

それを修正するのは誰の仕事、役割か? これはセラピスト役なのです。本人ではありません。
本人の一方的に走りやすい感情、行動、癖は、本人は自覚していも繰り返すのは、ほんとうの意味で自覚していないのです。 よってその癖を知り、しっかりその後の流れを作ってあげるのはセラピストの役割なんですね。

今回の互いの誘導のしあっこも、本人が誘導してほしい誘導に走ってしまう流れを作らせているセラピスト側に、どういうデメリットがあるのか? 
セラピストは、本人の一番の味方です。 その味方であるセラピスト側は、そういった一方的な癖のパターンを、しっかりと相手に気付かせて修正するよう導くことで、本人の解放がとても大きくなることの説明、ガイドをしました。

皆さん、精神科医の医師や看護士さんばかりのリピーターの方々ばかりですので、授業の内容を理解してくださいました。素晴らしいです! 
本人のしやすい癖は、必ずしも本人の今後に良い影響を及ぼすとは考えられないとセラピスト側から感じられたとき、別の提案をする、誘導をするのがベストです。そういったことを授業で話をしていき、どうすれば良いのかお話していきました。

深まっていく講座。 今年の最後も生徒の皆さんは、とても素晴らしい成長を受ける側のほうも、誘導する側のほうも感じられました。

=後半はワークショップ=
今回はクリスマスの日ということもあり、公開チャネリングの提案をしましたが、皆さん、ぜひやりたい!(笑顔)ということで、内容を急遽変更にし、チャネリングの存在=( mearie メアリー)の公開チャネリングをしました☆

公開チャネリングの良さは、個人のチャネリングとまた異なり、全体の一体感を感じられること、また別の人の発言に対して自分も考えるきっかけを与えてくれること、自分も聞きたかった内容であったり、参考になるメッセージを自分も受け取ったり、また自分の質問が、周りの方に与えることもあることです。

チャネリング終えたあとは、皆さんのシエアリングの反響が大きく、チャネリングの存在(=mearie メアリー)のメッセージを自分はどう受け取ったのか、自分はどう感じているのか、それぞれの話が止まらないくらい盛り上がりを感じました。

おかげさまで今回も、生徒の皆さんとチャネリングの存在の交流は、素晴らしいチャネリングとなりました☆

札幌の講座は、次回は来年となります。(ちなみに東京は来年から再び講座が新スタートします!
(詳細 http://www.marievision.com/hypnotherapykouzatokyo2017.html

今年も札幌の講座の生徒の皆様(そして東京の講座の生徒の皆様)、1ヶ月の1度の講座をご一緒に学べましたことが、とても嬉しく感謝致しております☆

また来年も引き続き、自身の探求への解放、可能性が、自分の実生活や人生に深く実りある豊かな年になりますことを願っております。 どうぞ引き続きよろしくお願い致します☆ LOVE MARIE


講座&ワークショップ in Tokyo
2016/12/11

昨日土曜日は、今年最後の講座&1年間の講座が無事に終了しました。
生徒の皆様、1年間受講、ありがとうございます☆

最後の日は、授業&ヒプノの誘導はもちろんのこと、楽しみにしておられたmearie( =メアリー)による公開チャネリングを行いました!

やはり公開チャネリングは、盛り上がりますね♪ 終えた後の生徒さんのシエアリングは生き生きとした表情でお話をしてくれました(笑顔)。
チャネリングの存在mearie(=メアリー)は、ポイントをどんどんついてきて、本人が問題だと思っていたものは、実は問題ではなく、その根底にあるものに焦点をあて、それをクリアすれば全てが解決する。という、実にシンプルなことを、本人が気付いていないところに気付き、変化を促すきっかけを与えてくれたようで、生徒さんはとても納得したようで、それぞれ良かったです♪

何を自分は怖れているのか、そしてどうすれば良いのか、具体的且つ大胆なメッセージ、的確でストレートなアドバイスは、やはり私にはできず、mearieだな。と、皆さんの終えた後のシエアリングで、毎回いつもそう感じます。

講座自体は、この1年間、通い続け、生徒の皆さま、この1年間ありがとうございます(☆感謝☆)それは素晴らしいこと。
なぜならどんなときでも、自分は主人公であり、自分の中にすべての答えがあり、ただそれを思い出す作業であり、その作業の中で、解放や気付き、可能性がたくさんあること。その自分の中の引き出しを見つけたり、輝かせることは自分と向き合う作業であり、それは時として変化や怖れが人によってありますが、自分に正直に生きることやシンプルに生きることを求めていることを自分が許す、認めることは、実に開放的でとても楽であることを知っていく過程は、ワクワクしますし、自分でその変化を見ていけることは、自分を愛し肯定感を持って進んでいく自信になること。

ヒプノセラピーは、どれだけ自分に対してYES!と本気で一点の曇りもなく素直に感じられるのか。ということに尽きるのだと思えます☆

そして来年ですが、早速1月〜(1月22日〜スタート)再び、新しく講座がスタートします。
詳細http://www.marievision.com/hypnotherapykouzatokyo2017.html

はじめての方も、リピーターの方も、力強いセラピーを、自身の体験を通して感じ、学んでくださったらと願っています。 はじめての方は、変化が大きく、リピーターの方は、深さが増します。ぜひお待ちしております☆


ヨガスタジオ主催 インストラクター向けワークショップ開催 IN TOKYO
2016/11/28

昨日日曜日は、ヨガインストラクター向けの「腰にフォーカスしたリストラティブヨガ」を、目黒不動のヨガスタジオでおこないました♪http://www.marievision.com/studiofullmoon_yoga20161127.html
http://ameblo.jp/satokoyoga/entry-12203202196.html

主催者のSATOKO先生をはじめ、集まってくださいました皆さん、ありがとうございます☆

腰を痛めている生徒さんがよくいらっしゃる。ということから、今回はそういった生徒さんの要望に応えるべく、どうしたら腰を痛めないヨガができるのか、またどうして腰を痛めてしまうのかというところや、すでに腰を痛めている方のヨガのアプローチの仕方など、盛りだくさんで進んでいきました。

ヒプノセラピストである私ならでの腰に関するお話をしてほしいということで、オーラやチャクラについても、写真を見せながら、身体の状態と関連し、理解を深めてもらいました。

話はアーユルヴェーダの話にもなり、前半は座学。後半は早速、自分の身体を使って腰を痛めずにできる方法を、道具を使いながら深めてもらいました。
自分の身体を使って、また人の身体を使って、理解、納得してもらい、反応がたくさんあって嬉しかったです。

道具はサポートになります。それをうまく使いこなして、深めることもできれば、より、ひらくこともできたり、様々な使い方ができることを、もっと知ってほしい! ということで、私も熱が入り(笑)、3時間のワークショップでしたが、時間が足りないくらいでした。
また次回、呼んで頂きたいと願っています♪

ワークショップ後は、インストラクターさんが、この後お仕事ということで、早速今日習ったことを、生徒の皆さんにぜひ試してみるそうで、そんなふうに、すぐに活用していただき、また活用できることを提供することが嬉しいです♪

今回もインストラクター同士、とても楽しく、理解も早いですね。いつも和やかな雰囲気で温かく迎えてくださいましたことに主催者のSATOKO先生を始め、そのご縁で集まってくださましたインストラクターさんに感謝です☆
楽しい3時間のワークショップでした☆


講座&ワークショップ inSapporo 
2016/11/17

今週日曜日は、札幌で講座&ワークショップの日でした。

授業の内容も札幌の講座の生徒さんは、精神科の医師や看護士さんのリピーターの方々ばかりですので、どんどん深くなり、そして皆さんも興味津々で色々な質問が飛び交っています。
どんどん授業を進むだけでなく、誰にでもわかりやす授業の内容も大事ですので、基本をしっかりとまた学んでもらうべく、おこなっていきます。

看護士さんのお一人が、ヒプノセラピーの流れの話で、それって認知ですよね?という質問もありました。
生徒さんの中で、休職中体験された方もおります。

認知行動療法などというのも、仕事柄、札幌の生徒さんはご存知でしょう。

ヒプノセラピーは、自分を見つめる作業。=(イコール)自分を認めるということにも繋がるかもしれません。
そういう意味では、認知行動療法の要素も含んでいるかもしれません。
ただヒプノセラピーの特徴は、自動的な行動や癖を客観的に頭で理解するより、体験を通して味わうことが、結果、認めることに繋がるという点です。

いわゆる自動的な頭の思考を意識付けする療法ではなく、頭は必要なく、感じる。ということが特徴です。

やはり人は、こうしたほうがいいという頭で理解するより、身体の感覚や心の感覚で感じたことのほうが、強力のようです。しかし効果があるために、あえて感じることを拒否したい場合や、頭で理解したい人もいるでしょう。もちろんヒプノでもあえて客観的に見ていく手助けのセラピーができますが、段階なのかもしれません。

ヒプノは、コントロールしたい、しているというのさえ邪魔になるだけで、それは本人の「恐れ」と関連していると捉えることができ、その恐れに対して、見ていく作業そのものが、自分を深く知り、自分を見つめて、自分を認めていく作業であり、セラピーです。

そういう意味でも、ヒプノセラピーって、ほんとすばらしい!っていうところにたどり着く生徒さんの反応が、ヒプノセラピーの可能性の大きさや喜びの体験に繋がっているんだと思います。

そのツールを使える、今学んでいる生徒さんなのですから、このツールを使って、自分の感情の蓋をしてきたことや、自分の可能性を閉じ込めてきたことなどなど、自分の頭では到底理解できない、そんな記憶すら忘れていた、知らなかったことを思い出す機会に触れる体験を、すでに楽しんでいるかと思いますが、楽しんでください(笑顔)。

=後半はワークショップでしたが=授業の内容、互いのヒプノの誘導のやり合いの質問、興味が生徒の皆さんありまして、ヨガの時間は休んで授業の続きをしました。そして最後は私のヒプノの誘導で短い時間、横になって、休息してもらいました。

終えた後、生徒の皆さんと、やはり少しでも身体を動かして横になるのと、そのまま横になるのとでは、リラックス感が違うね。という話をしており、負担の無い軽いヨガはやはり必要ですね(笑)。

では来月12月は、今年最後の講座です。一緒に深く楽しく学んでいきましょう☆

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ


- Topics Board -